備える

老人ホームの費用を考える。独身女性一人暮らしのその後.

老人ホームの費用を考える。独身女性一人暮らしのその後.

 

有料老人ホームでかかる費用

さて、有料老人ホームの入居を考えることになった女性(と身内)。

調べてみると、有料老人ホームにも受けられるサービス内容にていくつかの種類があることを知りました。

有料老人ホームは介護付・住宅型・健康型の3種類

有料老人ホームは、受けられるサービスと介護が必要になったときの対処法によって「介護、住宅、健康」の3種類の型があります。

大まかに説明すると以下のとおりです。

種類受けられるサービス介護が必要になった場合
介護付「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている施設を指し、生活の支援・身体の介護を受けることができる。介護保険自己負担は定額制元より介護サービスを含む
住宅型食事、洗濯、清掃などの生活支援。介護保険自己負担は使用した分の費用を払うあたらめて外部の事業体と契約を結び、介護サービスを受ける
健康型レクリエーション設備が豊富。家事手伝いなどの日常生活のサポートを受けながら、楽しい老後生活を送ることができる退去

この女性の場合、施設への入居のきっかけは「自分で自分のことができなくなった」ということでしたから「介護型」を選びました。

介護付有料老人ホームでかかる費用

かかる費用は、加入一時金と月々の利用料になります。

前述のとおり、有料老人ホームは営利法人が運営していることがほとんどです。

提供するサービスの質によって、かかる費用も大きく変わります。

また、施設がある場所も費用に大きく影響してきます。

東京23区内を中心として大都市圏にある有料老人ホームでは、かかる費用が高くなる傾向にあります。

費用に大きな幅が出そうなので、やはり設定を追加して具体的な金額を出してみようと思います。

東京23区内の介護付有料老人ホームを選び、費用を算出

この女性は東京23区、それも下町郊外の介護付有料老人ホームを選ぶことにします。

女性の追加設定

  • 1966年4月生まれ。短大卒業後、21歳より65歳まで会社勤め。95歳で死去
  • 82歳から都内東部の介護施設に入居。95歳で死去
kage
なぜ下町郊外なのか?わたしの地元なので・・。

実際に他のサイトのシミュレーションを使用してみます。

使用させていただいたのは、老人ホーム検索サイト「みんなの介護」様です。

待機目的の入居ですから、条件は「入居一時金0・要介護3・自己負担1割」でシミュレーションしました。

シミュレーションの結果「入居一時金0・月額利用料を抑えられる」順に3つの施設を表にしました。

費用内訳介護付有料老人ホームA介護付有料老人ホームB介護付有料老人ホームC
賃料9.4(個室12.9m²)10.6(個室17.98m²)11(個室18.26m²)
管理費・運営費2.28.612
食費5.96.66.8
水道光熱費
上乗せ介護費3.3
介護保険料2.22.22.2
その他0.10.1
月額利用料19.731.432.1

水道光熱費は実費でしょうか、記載されていませんでした。

老人ホームBの上乗せ介護費というのは、介護職員の人件費です。

入居者数に対して介護職員が多く配置されているという費用です。

介護付有料老人ホームで暮らした費用は、1.5年で612万円

結局、女性は身内の者と相談して、特別養護老人ホームへ入居するまでの待機施設としてホームBを選びました。

お金のことだけを考えればホームAなのですが、「個室面積が他の2ホームの7割程度の広さしかないこと・管理費が極端に低いこと」が気になりました。

ホームBは、上乗せ介護費用を入れてもホームCよりも出費が抑えられるということもありました。

月額利用料と実費を合わせて、ひと月にかかる費用は34万円で計算する。

月にかかる費用は、表にある金額だけではすみません。

ティッシュペーパーや歯ブラシなどの日用品、理美容代などもかかってきます。

それらを2.6万円と考え、この有料老人ホームBで暮らす費用を、1ヵ月=340,000円としました。

待期期間1.5年(18ヶ月)で、6,120,000円です。

特別養護老人ホームでかかる費用

特別養護老人ホームへの入居申請をして1年半、やっと入れる順番が回ってきました。

特別養護老人でひと月にかかる費用は、11.5年で1807,8万円

特別養護老人ホームでかかる費用は「介護保険サービス自己負担分+居住費+食費+実費」になります。

介護度介護保険サービス自己負担(1割)居住費食費合計
要介護116,765円(167,650円/月×10%)35,610円
(1,171円/日×30.41日)
※365日÷12ヵ月=30.41日
42,330円
(1,392円/日×30.41日)
※365日÷12ヵ月=30.41日
94,705円/月
要介護219,705円(197,050円/月×10%)97,645円/月
要介護327,048円(270,480円/月×10%)104,988円/月
要介護430,938円(309,380円/月×10%)108,878円/月
要介護536,217円(362,170円/月×10%)114,157円/月

「従来型個室+要介護3+介護サービス自己負担1割」の設定をした、この女性の月額基本費用は104,988円となります。

これに実費がかかります。

この金額は介護付有料老人ホームでの実費金額同等と考え、26,012円としておきます。

この女性が特別養護老人ホームで暮らすひと月の費用は、104,988円+26,012円=131,000円としました。

入居期間11.5年(138ヵ月)で、18,078,000円です。

2つの老人ホームでかかる費用はおおよそ2420万円

特別養護老人ホームの順番待ちに入居した「介護付有料老人ホーム」でかかる費用が、6,120,000円。

待機後入居できた「特別養護老人ホーム」でかかる費用が、18,078000円。

わたしの計算では、女性がこの二つの介護施設でかかる費用は24,198,000円となりました。

kage
二つの施設でおおよそ2420万円。あくまでもこのモデルケースの話ですが。それにしても、有料老人ホームと特別養護老人ホームの費用の差にあらためてその大きさを感じました。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

Kage

’64年生まれ。2020年二度目の東京五輪をRebornの時と考え、30年近く続けた工場経営からリタイヤしました。新しい人生がより豊かなものになるよう自己学習をしながら情報を発信していきます。

-備える
-